ほくろ除去は早めに!もしかしたら重大な疾患の可能性が

婦人

酵素の力で消す

カウンセリング

ピーリングでの治療

ほくろなどの皮膚症状を除去する治療は、特殊光を照射させる医療器具だけではありません。その他でも、皮膚に負担をかけない治療方法が存在します。どのような治療方法なのかというと、ピーリングと言われるものです。ピーリングは、天然の酵素を使用した特殊な薬剤を使用した治療法です。酵素の力によって、肌細胞の活性化を促して古い角質を取り除いていきます。古い角質を取り除きながら、変色したメラニン色素も同時に排除していきます。また、肌の古い角質を取り除くのに特化したピーリングは、ほくろに限らず多彩な皮膚症状にも効果があります。皮膚に関する悩みを簡単に解消できたり、美肌を目指している人にとってはうってつけのものと言えるのは間違いありません。

酵素の力をフル活用

酵素を使用した治療法であるピーリングは、気軽に治療が受けられるものとされています。なぜなら、単純に対象の患部に薬剤をつけて行なうので、大規模な手術に発展する心配がありません。薬剤を拭った後は、すんなりとクリニックをでられるので、すぐに日常生活へ戻って行けます。皮膚切開をしての治療を受けたというわけではないので、帰宅後はすぐにメイクができます。また、日帰りでの治療が可能なので、忙しい社会人でも時間をとることがなく、仕事に影響を与える心配がありません。

数回に分けて治療

ピーリングでのほくろ除去については、継続した治療を受けていく必要があります。なぜなら、酵素を使用した薬剤を患部につけるだけなので、すぐにはほくろが除去できるというわけではありません。着実に除去するには、美容皮膚科への通院が必要になってきます。それに、ほくろのタイプによってもピーリングの効果があるかどうかもわかれてきます。比較的小さめなタイプや薄い色のほくろなら、高い確率で目立たなくなります。逆に、色の濃いものだと長い時間をかけてピーリングを受けても、若干薄くなった程度にとどまってしまう可能性もあります。消したいほくろの色合いや大きさなども考慮してからピーリングの治療を受けていきましょう。